読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボカロ歌詞

ボカロ

「白亜の罪状」

変わらない朝日に怯える 叶わない結末は
何も言わない ただ在るだけ
誰もが色の褪せた日々の 罪を問われない

「産声」

愛を背をって守り抜くこと
答えは未だ解らないな
僕に計り知れない程の
想いを抱いているのだろう

誰もが幸せと悲しいみを求めながら
心の内側を知ることで生きるのでしょう

「icoro」

パパとママの間に立つキミに、
「ねぇ、なにをしたい?」
泣き喚き、駄々をこね口開く、
「ご飯たべたい。」

あぁ、キミが産まれて。
廻りだす、キミとの世界、今。

「不完全な処遇」

誰にも勤まらない不完全な処遇
目を覚ませ臆病者
これ以上は持ちこたえられない騒ぎたがりな夜を

[今夜だけは
起こさないで
深い森へ
誘われていたいから
見逃してくれ
死神の夜を優しく楽しみたいだけ]

「Q」

「今」の忘れ方を
この歌のさ 答えを
明日の歩き方を
僕達に教えてよ

さあ掻き鳴らせ証明の歌
淘汰された僕の悲しみを
今思い知るその答えを
ずっと抱きしめて

「IMAGINARY LIKE THE JUSTICE」

生きとし生ける全ての命は 僕らに弱さを許さない
掴み損ねた理想の刃で 我が身を切り裂いても
野ばらに戦(そよ)ぐ全ての戦士に 今吹き荒れる勇気の風
Engrave it. 刻め 報復のリストを
WE GOTTA FIRE

ここに遍(あまね)く全ての正義に 今問いかけるその覚悟を
伸ばし損ねたあの日の手で 誰かを求めるなら
失う物は何一つないと ここに墓場を建ててみせろ
Engrave it. 翳(かざ)せ 盲目の正義を
WE GOTTA FIRE

「ルスバンドライブ」

綴れ!太古の意思と知れ 故に全壊する都市と知れ
燻くゆる紫煙に飲み込まれ 時に混ざり合う雑踏
穿て!胎動を突き破れ 真実説く王と成れ
その「地の訓戒」を破棄せよ 今、列を成せ

続け!反逆する意志を持て 真実こそ王と知れ
(乗っ取った心臓から劈いた、相対する意思こそは×××
一人逸れたアンテナは 周回軌道を乗り越えて
瞼開き呟いた 「サア、共ニ行コウ。」