一般的な常識

”中途半端な深さの器”があったとしよう  
  
グループAではそれを「コップ」と呼んでいる  
またグループBではそれを「お皿」と呼んでいる  
  
グループAでは”飲み物を注ぐ物”として使われているのが常識で  
グループBでは”サラダ, スープ”などに使われるのが常識だ。  

どちらが正解だろうか?
どちらも不正解だ、器以上のなにものでもない
神が居たとしたら「それはプラスチックだ」とでも答えただろう



正解があるとすれば所属するグループの常識にあわせる事だが
時々人は常識を基準に動きすぎていると思う。

常識は便利な道具であり足かせでもある。
器をコップ, お皿として本来の使い道から外れた使い方を想像すらできない
大幅に選択肢を狭めその先の行動すら制限してしまう。

人は自身が難しい問題に直面したとき、これは高度だと言いたがる
自身は普通かそれ以上にできていてそれよりも高度だと...
人々が基準なら社会は高度に動いているのだろう

常識を持って考え行動すればルールを作る事はできる。
だが、ルールを逸脱する事はできない。
2度目になるが常識は選択肢を狭めその先の行動すら制限してしまう。
社会が高度である事を願っている...



何か溜まってしまい書いてしまった。これが黒歴史というやつだろうかw