読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

firebase.databaseでCRUDしてみる

なんか開発 JavaScript

■新規プロジェクトを追加

※firebaseダッシュボードはfirebase consoleとしてまとめられたので
既にプロジェクトを作成している人はインポートの必要がある
f:id:surume_Reflection:20161108081915p:plain
プロジェクト選択画面のメニューから旧ダッシュボードも使用可能
おそらく使えなくなるのでインポート推奨

■Webページにfirebase追加

f:id:surume_Reflection:20161108080912p:plain

指示どうりに読み込み箇所とコピーペーストして

<script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/3.5.3/firebase.js"></script>
<script>
  // Initialize Firebase
  var config = {
    //略
  };
  var mainApp = firebase.initializeApp(config);
</script>

■Realtime Databaseのアクセスルールを考える

今回は誰でもアクセス可能なルールに変更

{
  "rules": {
    ".read": true,
    ".write": true
  }
}

※階層に対してログイン認証や読み込みのみなどのルールが適応可能

■Realtime Databaseの構造を考える

test/crud/を作成、32階層まで可能だが、色々含めた32なのでなるべく広く浅くする f:id:surume_Reflection:20161108083801p:plain

CRUD

firebase_crud

※あれ?snapshot.key()で取得できない...↓
Interface: DataSnapshot  |  Firebase

surumereflection.hatenadiary.jp