生きなければいけないという思い込み


本当は考える事だけが自由なんだ
なのに何時しか訳の分からない力に支配されて
少しずつ不自由に複雑になっていく
子供の頃はもっと自由にいろんな事を考えていたはずなのに
きっと人間はだんだんバカになるように出来ているだろう

 教授タイプの人間が最も救われるのは考えている時だけだ




自分は何者で、どこから来て何処へ行くのか…
みんな生きている事を楽しいと思い込んでいる
生きなければいけないという思い込みが、どれほど重荷になっているか
彼女は何時も考えていた


 生きる事に希望が見出せないのではなく
 生きなければいけないという思い込みが人を縛り付ける
 引用:「すべてがFになる1話」






surumereflection.hatenadiary.jp